カリフォルニアワインとは?その特徴

img-1

アメリカの中でも一番ワイン生産量が多いのがカリフォルニア州であり、約9割のシェアを誇ります。

カリフォルニアワインを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

ですのでカリフォルニアワインとはそのままアメリカのワインのことを指しているといっても過言ではありません。

エッグマフィンサンドイッチメーカーに関する疑問が解決できます。

この地に移民が入植してからしばらく経過した18世紀の後半からカリフォルニアワインの歴史が始まるのですが、当初は今現在のような高級ブランドを多数輩出するようなことはなく、病害や禁酒法などでかなり衰退していった歴史を乗り越えてようやく世界のワイン愛好家に衝撃を与えるようになるのは20世紀を半ばも過ぎたあたりからとなります。



1976年のフランスワインとカリフォルニアワインのブラインドでの対決では、名だたるフランスのワインを抑えて勝利するという快挙を成しえるのですが、このような結果に達するのはある種当然ともいえるのです。カリフォルニアとは乾燥した温暖な気候が特徴ですが、これはいわゆる地中海性気候に近い気象条件であり、害虫や病気が発生しにくく、農薬の使用量が少なくすみますし、結果としてブドウの果実味の強さや糖度も高まることになります。

ただこれだけで終わらないのがカリフォルニアのユニークなところで、限られたエリアに非常に多彩な土壌成分が分布、それぞれのミネラル分を吸い上げることによって個性的なブドウを栽培可能となっているのです。


また温暖な気候と海からの寒流がぶつかり霧が発生、やはりそういった条件がワインの味に影響、造り手のこだわりや方針によって醸造所ごとに個性的な味わいを生み出せるほど豊かなものになっているのです。


ナパヴァレーやソノマといった銘醸地は世界的に知られていますが、その中からは本当に多彩なワインが生まれており、これは複雑な気象条件と優秀な醸造家が多く存在している証でもあるのです。
新興ワインであるカリフォルニアワインは、それだけに伝統のみを盲目的に踏襲するのではなく、いかにもアメリカらしく合理的なアプローチで品質を高めていった経緯があります。

お手軽におすすめの敏感肌用化粧水情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

栽培方法、そして醸造も科学的なデータを積極的に用いて行っていますが、これこそが20世紀中盤の数十年で世界に名だたる存在に成長した大きな理由です。
実はワインというお酒の品質が劇的に向上したのも20世紀以降の話ですから、長い歴史があること自体はさして品質の保証とはならず、常にアップデートを怠らない姿勢が何よりも重要なのです。



またアメリカではワイン表記、カテゴリーには独特の決まりがあり、これを覚えておくとより楽しむことができます。

https://matome.naver.jp/odai/2138672721516044001

ジェネリックワインと呼ばれるものは比較的リーズナブル、いわゆるデイリーなアイテムで、数種類の品種がブレンドされているのが特徴となります。

http://okwave.jp/qa/q1196454.html

ヴァラエタルワインとは1つの品種が75%以上含まれているもので、ラベルに品種を記載することができます。

http://store-tsutaya.tsite.jp/item/search_result.html?u=0_111%7C1_65%7C5_002

それ以外にも様々な規定がありますが、プロプライアタリーワインになるとブドウの栽培から醸造、瓶詰めまで同一ワイナリーで行い、基本的に高級ワインがこれにあたります。


関連リンク

img-2
敏感肌の方におすすめのクレンジングと方法

メイクをした場合、必ず行わなければならないのが、メイクを落とすことです。というのも、メイクが残ってしまうとそれだけ肌にダメージを与えてしまうからです。...

more
img-2
敏感肌のクレンジングでおすすめなのは

敏感肌がもっとも刺激を受けやすいのは顔を洗う時です。特にメイクをした後はしっかりとメイクを落とさなければなりませんので、ゴシゴシとこすってしまったり、強すぎる洗浄力で洗ってしまうことがあります。...

more
top