敏感肌の方におすすめのクレンジングと方法

img-1

メイクをした場合、必ず行わなければならないのが、メイクを落とすことです。
というのも、メイクが残ってしまうとそれだけ肌にダメージを与えてしまうからです。
一方メイクを落とすことだけを考え、力を込めて行ってしまうと今度は肌に負荷を与え、ダメージを与えてしまうことになってしまいます。
特に肌に対する刺激が敏感になっている敏感肌の方の場合、今の状態を改善するためにも少しでもダメージは避ける必要があります。さて、クレンジングには大きく分けて威力の強い順に、シート・オイル・リキッド・ジェル・クリーム・ミルクの7種類があります。
威力が強いとそれだけ濃いメイクも落とすことができますが、その分肌へのダメージも強くなります。

そのため、どのクレンジングがおすすめなのかはメイクの濃さによっても変わってきます。
もしもリキッドファンデーションなど、濃いメイクをしている場合はそれだけ強いメイク落としを使う必要があります。
そのため、例えばオイルタイプやリキッドタイプなど、強めのものがおすすめとなります。


濃いメイクなのに威力の弱いメイク落としを使用していると、十分にメイクを落とすことができなくなってしまい、逆に残ったメイクが肌へのダメージにつながってしまいます。

一方、敏感肌の方の中にはパウダータイプのファンデーションを使うなど、全体的なメイクも薄めに抑えている方もいます。
その場合は逆に、クリームやミルクといった弱めのメイク落としがおすすめとなります。強いクレンジングを使ってしまうと、メイクだけでなく、本来肌に必要な皮脂や水分も落としてしまいます。

すると肌の乾燥はますます進み、バリア機能も失われ、さらに敏感肌がひどくなってしまうためです。
そして弱めのメイク落としでも十分な方の場合、できるだけ着色料・香料・石油系物質・保存料といった化学物質が含まれていないものを選ぶようにしましょう。敏感肌の方にとっては、化学物質も大きな刺激となるためです。
なお、クレンジングを選ぶ際には必ずベースメイクを基準に選ぶようにしましょう。

もしファンデーションはパウダータイプだけれども、口紅などをしっかりと付けている場合は、ファンデーションの強さに合わせて選ぶ必要があります。

メイクの一部分だけが濃いからといってすべてを強いものにしてしまうと、その分ダメージにつながってしまうためです。


もし口紅やアイシャドーなど、メイクの一部分だけが濃い場合は「ポイントメイクリムーバー」を使って、部分的にメイクを落とすように心掛けましょう。
そして自分のメイクに合ったクレンジングを選んだら、できるだけ優しく落とすように心掛けましょう。というのも弱いものを選んだからといって、強くこすってしまうと結局肌へのダメージへとつながってしまうためです。
そのため、メイクを落とす際にはできるだけ指先で優しく触れるようにし、洗い流す時もぬるま湯で丁寧に落とすように心掛けましょう。
敏感肌の場合、通常の方より多くのものに対して刺激を受けます。
少しでも刺激を避けられるよう、自分に合ったメイクの落とし方を見つけることが何よりも大切です。

あなたの期待に応えるおすすめの敏感肌用クレンジング関連情報を紹介しています。









http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000G0DCM

http://okwave.jp/qa/q419078.html

https://allabout.co.jp/gm/gc/452186/

関連リンク

img-2
敏感肌の人におすすめのクリームとは

敏感肌の人は通常よりも乾燥しやすいですし、少しの刺激でも大きな負担になってしまいますので、お手入れの際には負担のかからない方法を模索しなければなりません。冬場などは更に乾燥しやすい状態になりますのでクリームを使って保湿を行いたいと考えますが、どのようなクリームを選んだら良いのか分からないという声もよく聞かれます。...

more
img-2
敏感肌のクレンジングでおすすめなのは

敏感肌がもっとも刺激を受けやすいのは顔を洗う時です。特にメイクをした後はしっかりとメイクを落とさなければなりませんので、ゴシゴシとこすってしまったり、強すぎる洗浄力で洗ってしまうことがあります。...

more
top