サンドイッチメーカーの種類

img-1

具沢山サンドイッチが大ブームの兆しですが、サンドイッチを作るのに便利なサンドイッチメーカーというものが販売されています。


その種類は大きく2種類で、ひとつは加熱してホットサンドを作るタイプのもの。もうひとつは加熱しないでパンの周囲を接着したようにくっつける機能のある、ふわふわサンドイッチメーカーというものです。サンドイッチメーカーと言う言葉で想像するのは大抵は加熱するタイプのホットサンド用のもの。
このタイプには、たい焼きを作るときに使う型のような感じで、ガスの火にかけて使うものと、電気を使うタイプの2種類があります。


ガスを使うタイプは単純な構造で、網状かフライパン状になった器具にパンと中身を挟んでサンドして火にかけ、こげないように数回裏返すだけ。

ガスの火力で1分前後で焼き目がついて、あっという間に出来上がります。

サンドイッチメーカーで快適な暮らしを実現しましょう。

ついついパンの間に具を挟んで使うと思い込みがちですが、慣れた人の中にはフライパン状のタイプを使い、先に片面でウインナーや卵を焼いて、その上にパンをのせ反転させ、反対側のパンをのせて焼く。


という方法でより簡単にホットサンドを作る人もいるようです。

おすすめの敏感肌用石鹸に関するお役立ち情報コーナーです。

焦げ目は30秒もすればついてくるので、焦げないように注意が必要ですが、最強の時短グッズなのは間違いありません。

電気で使うタイプは、5分前後かかるものが中心です。

最近何かと話題のサンドイッチメーカーの通販のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

ガスの手動タイプと同じように単純にパンに具を挟んで焼くだけのものと、少し工夫がされたものがあります。単純に焼くだけのものも、色々な種類のプレートがついているものが多く、ワッフルや焼きドーナツなどが作れて、バリエーションが楽しめるものもあります。

様々な分野のアイクオリティのココだけの話をしましょう。

また、工夫されて大人気のものは、マフィンやハンバーガーのバンズのような丸い形のパンにしか使えないのですが、焼く面が2層になっていて目玉焼きなどを焼きながらパンも焼き、最後に合体させられる。



というもの。


作る楽しみがあり、海外の製品で見た目もおしゃれなため、とても話題になっています。

通販サイトなどで探せば海外製品と言ってもそんなに高価ではない価格で手に入り、気軽に試せます。

http://smany.jp/7891

焼かないタイプのふわふわサンドイッチメーカーは、100均などに売られているものを含め、1000円しないものばかり。

仕組みも単純で、プラスチックでできていて、型押しのような形で具を挟んだサンドイッチをカットすると、市販の人気のランチサンドのように周囲がぴったり接着されるというものです。

基本は四角や三角ですが、クローバーやハート型にカットできるものもあり、具も出にくくなるため、お弁当に喜ばれそうです。

両種類ともメニューに変化が生まれて、生活を楽しくするグッズですが、流行の具沢山サンドを作るときには、具の多さが災いしてうまく挟んだり接着できない場合もありそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/science/release/detail/00030596.html

一番具沢山ができそうなタイプは、単純な網状のガスを使うタイプのようです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=FI0009350020151023042

色々見比べて確認したほうが良いでしょう。

関連リンク

img-2
サンドイッチメーカーの種類

具沢山サンドイッチが大ブームの兆しですが、サンドイッチを作るのに便利なサンドイッチメーカーというものが販売されています。その種類は大きく2種類で、ひとつは加熱してホットサンドを作るタイプのもの。...

more
img-2
40代からのエイジングケア化粧品の選び方

40代になると、女性ホルモンの影響を受けやすくなります。女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌が少なくなることにより、急激な乾燥します。...

more
top