トナーカートリッジとインクカートリッジの違い

img-1

コピー機やFAXの機能との複合機を導入することを検討している場合に、インクカートリッジを利用する機種と、トナーカートリッジを利用する機種があることが分かります。どちらのカートリッジも、プリントをするために欠かせない消耗品なのですが、それぞれの性質は異なります。

ところが、それぞれの異なる点について、良く分かっていないという人は少なくありません。
インクカートリッジは、カートリッジに液体のインクを中に詰めている状態のものになります。そのカートリッジの中に入っているインクを紙にスプレーすることによってプリントします。


複合機や、コピー機は、大まかに分類するとレーザープリントの方式と、インクジェットプリントの方式との二種類のプリントの方法が存在しますが、インクジェットプリントの方式で使われているのはインクカートリッジということになります。そしてインクは、紙の表面だけに定着させる顔料インクというタイプと、紙の奥の方に染み込ませる染料インクというタイプに更に分類することが可能で、使い道によって色々な利用方法ができます。



トナーカートリッジは、カートリッジの中に色の付けられた粉末が入っているものになります。



粉末はミクロサイズの微粒子で、電気を帯びる性質を持っているプラスチックでできている粒子に顔料や、黒鉛などといった色の付いた粒子をくっつけているものです。

ダーツの購入の情報を求める人におすすめのサイトです。

プリントの方法は、静電気を利用して紙に色の付いた粉末を付着させてから、圧力や熱を利用して紙に定着させています。



レーザープリントの方式のコピー機や複合機、プリンターなどで主に利用されています。



そして、カートリッジのサイズはインクカートリッジのサイズと比較すると大きいことが多くなっています。

http://www.sankei.com/sports/news/161202/spo1612020018-n1.html

インクカートリッジは、顔料インクと染料インクをニーズに応じて使い分けることによって、ハイクオリティさが要求される写真のプリントや、耐水性や耐久性などが要求されるプリントなど幅広い使い道に対応することが可能となります。


染料インクが入っているカートリッジを利用することによって、光沢があり、発色の良いプリントができるようになります。


染料インクは乾くのに少し時間がかかってしまいますが、色を再現する能力が高く、色調や、発色が綺麗なので、写真などといったハイレベルの印刷物であることが求められるときに適しています。

また、顔料インクが入っているカートリッジを利用したときには、にじみにくく、耐水性や耐久性があるプリントができるようになります。
顔料インクは、乾きやすく、色が紙に安定して付着するので、色合いをすぐにチェックしたいときや、長い期間、保存しておきたいときに向いています。

http://okwave.jp/qa/q6746397-professional.html

また、トナーカートリッジと比較するとサイズが小さくインクの容量が少ないので、たくさんの部数をプリントするのには適していない方法ではあります。


トナーカートリッジは、高い画質が求められる写真などをプリントするのには適していませんが、インクカートリッジと比較して高速のスピードでプリントすることができます。



関連リンク

img-2
カリフォルニアワインとは?その特徴

アメリカの中でも一番ワイン生産量が多いのがカリフォルニア州であり、約9割のシェアを誇ります。ですのでカリフォルニアワインとはそのままアメリカのワインのことを指しているといっても過言ではありません。...

more
img-2
40代からのエイジングケア化粧品の選び方

40代になると、女性ホルモンの影響を受けやすくなります。女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌が少なくなることにより、急激な乾燥します。...

more
top