敏感肌の人におすすめのクリームとは

img-1

敏感肌の人は通常よりも乾燥しやすいですし、少しの刺激でも大きな負担になってしまいますので、お手入れの際には負担のかからない方法を模索しなければなりません。


冬場などは更に乾燥しやすい状態になりますのでクリームを使って保湿を行いたいと考えますが、どのようなクリームを選んだら良いのか分からないという声もよく聞かれます。

敏感肌の人におすすめのクリームは、肌の水分や油分を適切に補いながら外的刺激から保護してくれるようなタイプです。そのためには、まずは保湿成分についてのチェックを行います。


実は保湿成分にも色々なタイプがあるのですが、その中でも水分をはさみこむようにして蓄えるセラミドはおすすめです。


保水性に優れていますので、乾燥しがちな敏感肌を強化することができます。

他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンは元々肌に存在する成分ですので、使用しても負担は小さいので安心です。

刺激に弱い肌は安全性を第一に考えなければなりませんが、これらの成分はどれも優しいので使用しても問題ありません。
次に、肌に負担となるような成分が含まれていないかもチェックしなければなりません。


例えば、アルコールは肌につけると急激な乾燥を招きますし、刺激も与えますのでおすすめできません。
実際に肌が弱っている時に使用するとピリピリとした感じを受けることがありますが、これは刺激に敏感に反応している証拠です。

他にも、良い香りのするクリームはついつい選びたくなりますが、香料も刺激の一つですので気をつけなければなりません。
オーガニックなどは肌に優しい部類に入ります。
ですから、刺激物のたくさん含まれている商品を使うよりははるかに安全に肌ケアを行うことができますが、全ての人が全く影響を受けないかといえばそうではありませんので、やはり一度パッチテストをしてから本格的に使用することが大切です。


パッチテストを行う際、清潔な肌に少量をつけてみて一定時間放置した後に様子を見ます。

感覚的にヒリヒリするなどの異変があったり、皮膚が赤くなるといった症状が見られた時には何か合わない成分が入っていますので使用するのはリスクがあります。その場合、本来ならどの成分が合わないのかを確かめるのが良いのですが、症状の出方が酷い時には確かめるのも大変ですので、新たにより安全な商品を探すことが大切です。

セラミドを利用する場合、実は種類によって働き方や浸透率が変わりますので覚えておくと便利です。
もっとも望ましいのはヒト型セラミドであり、人の角質層に存在するものと同じ構造を持つものですのでスムーズに肌に馴染ませることができます。

セラミド以外も試してみたいという場合にはレシチンがおすすめであり、水と油の両方の性質を持っていますので乳化剤として利用されることも多いようです。

レシチンには皮膚を保護するような働きがありますので、バリア機能の弱りがちな敏感肌を強くしてくれる成分です。

おすすめの敏感肌クリームについて解説いたします。

重森弘充についての意見を伺いました。

人気なビンゴで景品に関連した書きかけ項目です。

おすすめの敏感肌用石鹸情報は初心者にも分かりやすいです。



https://matome.naver.jp/odai/2142769905409655601

http://news.yahoo.co.jp/theme/0878830fdd7b6f147358/

https://4meee.com/articles/view/731375

関連リンク

img-2
カリフォルニアワインとは?その特徴

アメリカの中でも一番ワイン生産量が多いのがカリフォルニア州であり、約9割のシェアを誇ります。ですのでカリフォルニアワインとはそのままアメリカのワインのことを指しているといっても過言ではありません。...

more
img-2
敏感肌の方におすすめのクレンジングと方法

メイクをした場合、必ず行わなければならないのが、メイクを落とすことです。というのも、メイクが残ってしまうとそれだけ肌にダメージを与えてしまうからです。...

more
top